会場選び

折角レストランウェディングにするのですから、なるべく新郎・新婦の希望に添うようなカタチで式を挙げたいもの。そこで、このページでレストランウェディングにおける賢い会場選びについてご説明します。

ホテル式とは違った空間だからこそ

ホテルや教会で挙げるウェディングと比べるとどうしてもレストランウェディングは使用できる空間が狭くなります。そのため、呼ぶことができる人数や余興で使用できるスペースに限りが出てきます。ある程度自由に式を挙げることができるとは言っても、ガチガチに制限がかかった上で行うのでは本当の意味で満足のいくレストランウェディングにすることは難しいでしょう。レストランウェディングを行うときは必ず参加メンバーの正確な把握と、余興で使うスペースの確保・チェックを忘れないようにしなくてはいけません。会場選びにおいて一番大切なことは”快適に式を挙げること”であり、無理が生じるような式の運び、空間の使い方だと主役を含めゲストにとっても満足のいくウェディングにはならないでしょう。何事も事前の準備が重要ですので、レストランのチェックは入念に行いましょう。

振舞う料理について

レストランウェディングで利用する会場を選ぶときには振舞う料理についても考えなくてはいけません。例えどれだけ有名で美味しいと評判の料理長がいるレストランでも、人によっては食べにくいものであったり好き嫌いが激しい食材が振舞われる、といったケースがあることを忘れてはいけません。老若男女全てに人気のメニューというものもありますが、おじいさん・おばあさん・小さいお子さんがゲストとして招かれることを考えて食べやすいコース料理、皆がおいしいと思えるような料理の種類について一考しておきましょう。

会場への距離

会場選びにおいてはその会場の場所、距離についても考えておくとよいでしょう。デザイナーズレストランなど、普段利用しないレストランを利用する際にその目新しさやネームバリューからただキレイ、カッコいいという単純な理由から会場を選び方もいらっしゃいますが、その会場までのアクセスが困難だとゲストに対して失礼にあたります。会場への案内、また会場から帰る際の手間を考えればなるべくわかりやすい場所でゲストがアクセスしやすい場所のレストランを選ぶべきだと思います。

雰囲気重視の会場選び

レストランと一口に言っても様々で、内装や外に見える景色等で店内の雰囲気はガラリと変わります。より落ち着いた雰囲気で式を挙げたいのであれば外に夜景が見える静かなレストランを選んだり、逆にゲスト達と楽しく盛り上がりたいと考えているのであれば店内全体に明るい装飾が施されている雰囲気の明るいレストランを選ぶのがベストです。招くゲストの年齢平均が高い場合、やはり羽目をはずして騒ぐ形式よりもシックで落ち着いた雰囲気の店内の方が好まる傾向にありますし、親しい友人・知人・同僚が集まり参加者の平均年齢が若干若いというのであれば、雰囲気の明るい店内の方が好まれます。このあたりは式に呼ぶ人選にもよりますので、新郎・新婦間でよく相談してゲスト達が十分に楽しめるような雰囲気となるレストラン選びをしましょう。

ゲストに最大限の配慮をする会場選び

新郎・新婦が主役といえども、その会場にお越しいただくゲストのことをないがしろにするわけにはいきません。会場に招くゲストのことを考えて、最低でもアクセスが容易で駐車場も完備、余興を行う人のための控え室、皆が満足する料理などを用意しておく必要があります。レストラン自体の評判だけにこだわるとこれら最低限抑えておくべきポイントが疎かになりがちなので、くれぐれもデザインだけを重視したレストランや料理だけにこだわったレストランを選ぶことがないようにしましょう。

Favorite

エクステ 心斎橋
http://hair-exte.net/

Last update:2017/2/17